Event・Seminar



コレギウム・ムジクム・オーケストラ演奏会
ベートーヴェン生誕250年記念講演会

ベートーヴェンは1770年の生まれで、2020年に生誕250年を迎えます。これを記念して作曲家によるソプラノのためのアリア2曲と交響曲第7番 イ長調 作品92を取り上げます。「第7」は1811年から12年にかけて書かれ、その完成日は、ベートーヴェンにより自筆の総譜に1812年5月13日と記されています。ニックネームを持たない交響曲の一つで、高い人気を誇り頻繁に演奏会のプログラムに登場します。壮大な第1楽章、メランコリックな第2楽章、長大なスケルツォ(第3楽章)、そして華やかな最終楽章とで構成されているこの交響曲は、ベートーヴェンの記念イヤーの幕開けとしてもっとも相応しい作品の一つと言えます。

山岸裕梨(ソプラノ) 
慶應義塾大学コレギウム・ムジクム・オーケストラ(指揮:石井 明)

■Program
ジョルジュ・ビゼー(1838~1875) 
交響曲 ハ長調 
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827)
劇音楽《エグモント》作品84より〈喜びにあふれ、また悲しみに沈む〉
《フィデリオ》作品72より〈もし、あなたと一緒になれたら〉
交響曲第7番 イ長調 作品92

日時:
2020年1月15日(水)18時30分開演(18時開場) 
会場:
藤原洋記念ホール(慶應義塾大学日吉キャンパス協生館内)
参加費:
入場無料
申込み:
不要
参考:
備考:


お問い合わせ:慶應義塾大学日吉音楽学研究室 045-566-1359 http://musicology.hc.keio.ac.jp
コメント:
このイベントについてお問い合わせ
  • TOP
  • Event・Seminar