MOBILE 携帯サイト
SEARCH 検索ワード
LINKS 関連リンク 慶応義塾 慶応義塾大学 日吉キャンパス
SPONSOR kyokuto HAKUJU INSTITUTE FOR HEALTH SCIENCE KOEI TECMO HOLDINGS CO., LTD. 慶応義塾大学出版会
NEW icon
20/09/22 開催
オンライン連続講演&討論会:日露の美術工芸交流とマトリョーシカ 第2回「ロシアの工芸とジャポニズム ミハイル・ヴルーベリを中心に」上野 理恵
このオンライン連続講演&討論会は、2020年3月と6月に予定していた日露美術工芸とマトリョーシカに関するシンポジウムの講演部分を、月1回を目安に一つずつオンラインで開催するものです。日露の美術工芸やマトリョーシカに関心を持つ多様な人々が集まって情報を提供しあい、議論し、考える企画です。 第1回(8月22日)は「マトリョーシカ日本起源説をめぐって」と題して、マトリョーシカの誕生にまつわる様々な説を検証しながら帝政末期のロシアの玩具産業や明治日本におけるロシアについて考えました。 第2回の今回は、19世紀末のロシアにおけるジャポニズムの特徴を、特に工芸の分野で見ていきます。油絵の大作《座るデーモン》で知られる画家ミハイル・ヴルーベリは、実は《海の王》のような不思議な魅力のある陶芸作品も創作していました。そこに見られるジャポニズムとは…?約1時間の講演の後は1時間の自由討論です。質問や意見交換を存分に行いたいと思います。 この会にはどなたでもどこからでも参加できますが、ミーティング管理のため参加を希望される方は下記へメールでお申し込みください。折り返し事前登録の方法をご案内します。使用言語は日本語です。 ■お申込み:kumanoya@keio.jp に参加希望の旨メールでお知らせください。
Facebook Twitter
NEW icon
20/08/22 開催
オンライン連続講演&討論会:日露の美術工芸交流とマトリョーシカ 第1回 「マトリョーシカ日本起源説をめぐって」熊野谷葉子
 このオンライン連続講演&討論会は、2020年3月と6月に予定していた日露美術工芸とマトリョーシカに関するシンポジウムの講演部分を、月1回を目安に一つずつオンラインで開催するものです。来往舎のギャラリーで予定していた貴重なマトリョーシカや日本の輸出美術工芸品の展示は先送りとなりますが、連続講演の開催によって研究と交流を進め、来年度の展覧会開催につなげたいと思います。  マトリョーシカの起源は日本の入れ子人形である、という説があります。真偽は未だ不明ですが、火のないところに煙は立ちません。この説が生まれた背景には、帝政末期からソ連時代のロシアと、明治・大正・昭和に至る日本との、人やモノの交流があったのです。それは具体的にどんなものだったのか、日露の美術工芸やマトリョーシカに関心を持つ様々な分野の専門家が集まって情報を提供しあい、議論し、考えようという企画です。  各回はZoomのミーティングによる約1時間の講演と1時間の自由討論から成り、どなたでもどこからでも参加できます。ミーティング管理のため参加希望の方は下記へメールでお申し込みください。折り返しZoomのURLをお知らせします。使用言語は日本語です。 ■お申込み:kumanoya@keio.jp に参加希望の旨メールでお知らせください。
Facebook Twitter
NEW icon
20/03/26~20/03/27 開催
【延期】クローデル・シンポジウム2020クローデルとその時代
ポール・クローデルは20世紀フランスを代表する詩人・劇作家、有能な外交官、敬虔なキリスト教徒という複数の顔を持つ人物です。 このクローデルを構成する要素は、一見したところ、矛盾したものにも見えますが、彼のなかでは対立することなく併存しています。 この文学者、キリスト教徒、外交官という側面を多角的に検討し、新たなクローデル像を作り出します。
Facebook Twitter
NEW icon
20/03/24 開催
創造力とコミュニティ研究会8 わたしと「コミュニティ」なるもの
2018年度に発足した「創造力とコミュニティ研究会」は、アートとコミュニティの関係性、そして「創造力」がコミュニティに果たす役割について皆で自由に意見を交わす場所です。 2019年度は合計4回の研究会を開催してきました。本年度最後となる研究会は、場所を居場所「カドベヤ」に移し、今までお招きしたファシリテーターも参加の上、その場の人々と、自由なクロストークを行いたいと思います。 漠然とした「コミュニティ」という言葉を皆さん、一人ひとりはどう感じているのか。今までの研究会で話し合われたことをどう自分と結びつけて考えているのか。そんなことをぜひとも話に来てください。もちろん研究会には出られたなかったけれど、この場で出来上がる「コミュニティ」に参加してみたいという方々も大歓迎です。 同時に毎週火曜日に開催している居場所「カドベヤで過ごす火曜日」の雰囲気も直に味わっていただきます。
Facebook Twitter
NEW icon
20/02/07 開催
3つの世紀の合唱曲で綴る 音楽と平和
■Program プーランク/エリュアール「自由」 寺嶋陸也/原民喜《魔のひととき》 シュッツ《ムジカ―リッシェス・エグゼクィエン(挽歌)》 出演:慶應義塾大学コレギウム・ムジクム アカデミー声楽アンサンブル 指揮:佐藤 望  声楽指導・ソプラノ:藤井あや 指揮・オルガン:根本卓也 ヴィオローネ:櫻井茂
Facebook Twitter
NEW icon
20/02/08 開催
シンポジウム「マシンと読むくずし字―デジタル翻刻の未来像」
デジタルの世界で、昔の人が書いたり作ったりした文字を読む技術が 注目されています。2019年秋、この最新技術をめぐって文系・理系の 人々の橋渡しを目的に、実験授業「マシンと学ぶくずし字」を開催し、 AIやOCR技術が、いかにくずし字(昔の人が使っていた文字)を学ぶ/ 読む助けになるかを目の当たりにしました。 そこで今回、さらに視点を広げて、この分野の最前線でどんなことが行わ れているのかを知る機会を持ちたいと思います。 現状の試みにはいかなるものがあるのでしょうか。 紙の時代の作業と何が違うのか、またこの技術が発展していくために必要な ことは何か、種々の試みに通底する課題を踏まえ、この技術でどんな夢を 描くべきか、一緒に考えたいと思います。 ★お申込み・詳細はこちら <a href="http://user.keio.ac.jp/~sakura/kuzushiji/"target="_blank">http://user.keio.ac.jp/~sakura/kuzushiji/</a>
Facebook Twitter
NEW icon
20/02/06 開催
極東証券寄附講座 アカデミック・スキルズ プレゼンテーションコンペティション
学生が一年間培ってきた「知の探求力」を遺憾なく発揮します。 発表者:2019年度「アカデミック・スキルズ」クラスⅠⅡ代表者
Facebook Twitter
NEW icon
20/01/26 開催
Contemplative Theatre Workshop ―内観とシアターワークを取り入れた身体知教育の実践―
シアターワーク(応用演劇)を専門とする小木戸 利光氏と、多文化間カウンセリングと内観療法の実践に携わっている手塚 千鶴子氏を講師として迎え、Contemplative Theatre(コンテプラティブ・シアター)のワークショップを実施します。 自己形成に深くかかわってきた人物(主に母親)との関係を丁寧に調べていき、そこから醸成される想いや感情をコラージュで表現をする手塚氏の「ミニ内観」。自分の微細な感覚や感情に気づき、それを参加者の関係性の中で演劇的に表現するプロセスを導く小木戸氏の「シアターワーク」。ワークショップでは、これらの手法が融合された Contemplative Theatre を、じっくりと、心と身体の声に耳を澄ませながら、体験していきます。
Facebook Twitter
NEW icon
20/01/22 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」第9回(最終回) 丸山眞男『日本政治思想史研究』を読む
片山杜秀君(法学部教授・教養研究センター副所長)と一緒に、 丸山眞男『日本政治思想史研究』を通読します。 第9回では、第3章の第3節から最後までを読む予定です。 関連事項、本の周辺については、レジュメやコピーを配布し補います。 ■課題図書:丸山眞男『日本政治思想史研究』(東京大学出版会)
Facebook Twitter
NEW icon
20/01/18 開催
コレギウム・ムジクム 古楽アカデミー・オーケストラ演奏会
フランス・バロック音楽の影響を強く受けた2人のドイツ人作曲家テレマンとクッサー、そして18世紀前半におけるフランスを代表する作曲家の一人であったラモーの作品を取り上げます。テレマンとクッサーの管弦楽組曲は、基本的にはフランス様式で書かれていますが、当時のさまざまな国または地域、およびそこに住む人々を、それぞれの地の音楽の特徴が生かされる形で表現されています。旅をするということが一大事であり、さらにはインターネット、テレビ、映画、写真などがなかった当時、多くの人々にとっては、外国の地もしくはそこに住む人々が、さぞやエキゾチックな存在だったと思われます。テレマンとクッサーの作品もそれが存分に反映されています。ラモーの《ダルダニュス》は、題材は紀元前のフリギア(現在のトルコ)ですが、音楽はラモー独特のもので、それは、イタリアの影響を見せ始めたフランスにおいて、新しい要素と伝統的な書法を織り交ぜながら独自の音楽を創り出そうとした作曲家の創作意欲の結果だとも言えます。 慶應義塾大学コレギウム・ムジクム 古楽アカデミー・オーケストラ(ピリオド楽器使用)  全体指導・指揮:石井 明 Program ゲオルク・フィリップ・テレマン(1681~1767)管弦楽組曲 変ロ長調 TWV 55:B5《諸国民》 ヨハン・ジギスムント・クッサー(1660~1727)《ミューズの祭り(1700)》より第2組曲 ヘ長調  ジャン゠フィリップ・ラモー(1683~1764) 《ダルダニュス》組曲  他
Facebook Twitter
NEW icon
20/01/15 開催
教養研究センター基盤研究講演会no.5 アート:見えないものを見る
 最近はテクノロジーが発達すると、今よりももっとクリエイティビティーが 重要になるという意見が聞かれるようになってきました。クリエイティビティー とは、ルールに従うことでなく、ルールを疑い、新しいルールを提案すること です。それは古いルールを壊すことにもつながります。  アートは現代においては、もはや絵画と彫刻のことではなくなっています。 それは、ものの考え方なのです。たとえばアートとデザインの違いは、デザイン は問題解決の方法だが、アートは問題提起が本質であるといわれます。という ことでアートは、単に美しいものづくりのことではなく、物事の本質を見抜く こと、洞察や直感で、我々が生きる現実を理解すること、につながっていると 考えられています。そのような視点にたつと、アートはとても深いものだと言う ことが出来るでしょう。クリエイティブでなければならない現代において、アート の教養としての重要性をお話しします。
Facebook Twitter
NEW icon
20/01/15 開催
コレギウム・ムジクム・オーケストラ演奏会 ベートーヴェン生誕250年記念講演会
ベートーヴェンは1770年の生まれで、2020年に生誕250年を迎えます。これを記念して作曲家によるソプラノのためのアリア2曲と交響曲第7番 イ長調 作品92を取り上げます。「第7」は1811年から12年にかけて書かれ、その完成日は、ベートーヴェンにより自筆の総譜に1812年5月13日と記されています。ニックネームを持たない交響曲の一つで、高い人気を誇り頻繁に演奏会のプログラムに登場します。壮大な第1楽章、メランコリックな第2楽章、長大なスケルツォ(第3楽章)、そして華やかな最終楽章とで構成されているこの交響曲は、ベートーヴェンの記念イヤーの幕開けとしてもっとも相応しい作品の一つと言えます。 山岸裕梨(ソプラノ)  慶應義塾大学コレギウム・ムジクム・オーケストラ(指揮:石井 明) ■Program ジョルジュ・ビゼー(1838˜1875)  交響曲 ハ長調  ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770˜1827) 劇音楽《エグモント》作品84より〈喜びにあふれ、また悲しみに沈む〉 《フィデリオ》作品72より〈もし、あなたと一緒になれたら〉 交響曲第7番 イ長調 作品92
Facebook Twitter
NEW icon
19/12/20 開催
教養研究センター主催読書会「晴読雨読」 ハンナ・アレント『人間の条件』を読む 第14回(最終回)
アレントの政治哲学の名著を西尾宇広先生(商学部)とともに 読んでいきます。昨年から始まった読書会ですが、今回からの参加 でもまったく問題ありません。学生も教員も対等に語り合う読書会です。 初めての方もそうでない方も、気楽にお立ち寄り下さい!(事前予約不要)
Facebook Twitter
NEW icon
19/10/08~19/12/17 開催
教養研究センター基盤研究 文理連接プロジェクト 医学史と生命科学論
医学・医療と生命科学 その周りにある人文社会科学 文系と理系を連接する試み
Facebook Twitter
NEW icon
19/12/11 開催
「研究の現場から」第二十七弾 ※教職員対象
「研究の現場から」は研究者交流サロンとして、 教員の研究分野を紹介し、和やかな雰囲気で懇話する会です。 軽食をとりながら、学部や分野を越えての交流も深められます。
Facebook Twitter

Page Top