Event・Seminar



キャンパスにおける性犯罪を防止するには
わたしたちが安心して学ぶために

性暴力事件の無罪判決、「就活セクハラ」――これは今の日本で起きていることです。
このような状況の中で、大学は、そしてわたしたちは性犯罪を防止するために何が
できるのでしょうか。このシンポジウムでは、性暴力をなくすための様々な活動を
してきた弁護士や団体の方々を招いて討論をし、わたしたちが安心して学ぶことの
できる大学のあり方、そしてそれを実現するための方策をともに考えます。

日時:
2019年6月21日(金)18:15~20:00(開場18:00) 
会場:
慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎1階シンポジウムスペース
講師:
【当日プログラム】
18:00 開場
18:15-18:20 はじめに
18:20-18:45 講演 弁護士 上谷さくらさん
18:45-19:10 講演 ちゃぶ台返し女子アクション 大澤祥子さん
19:10-19:35 対談 Voice Up Japan 山本和奈さん × #なんでないのプロジェクト 福田和子さん
19:35-20:00 質疑応答

●登壇者のご紹介

弁護士 上谷さくらさん
神田お茶の水法律事務所所属、犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務次長。元毎日新聞記者で、性犯罪やセクハラ問題に詳しい。乳腺外科医のわいせつ事件で、被害者代理人も務め、最近の性犯罪への無罪判決に対し声を上げる。

ちゃぶ台返し女子アクション 大澤祥子さん
慶應義塾大卒。ジェンダー平等の社会を目指して2015年にキャンペーン団体「ちゃぶ台返し女子アクション」を立ち上げる。過去に刑法性犯罪改正のためのビリーブ・キャンペーンを実施。現在は大学生を中心に性的同意の大切さを広める活動を展開中。

Voice Up Japan 山本和奈さん
国際基督教大在学中。ソーシャルビジネス「Educate For」「Just Smile」の代表、『週刊SPA!』に対する抗議の署名活動の発起人。日本で声を上げやすくするため「Voice Up Japan」を立ち上げる。

#なんでないのプロジェクト 福田和子さん
国際基督教大卒。避妊方法が少なく、緊急避妊薬の入手も難しいといった日本の現状を変えようと、「#なんでないの」プロジェクトを立ち上げる。多岐に渡る活動を通して、性教育の啓発も行う。


参加費:
不要
申込み:
不要
対象:
塾教職員、関心のある学部生・大学院生・卒業生、一般の方
参考:
備考:
コメント:
このイベントについてお問い合わせ
  • TOP
  • Event・Seminar