Event・Seminar



シンポジウム「デリダと死刑を考える」

ジャック・デリダの死刑論講義が『死刑[Ⅰ]』(白水社)として刊行されました。
彼は死刑廃止論に与していますが、この講義では多様なテクスト(哲学、文学、
法文など)を俎上に載せ、存置論・廃止論の全体を再検討に付しています。
この機会に、デリダによる「死刑存廃論の脱構築」を細かく読解し、さらには
死刑制度全般を再考することができればと考えています。

★facebookもご覧下さい

日時:
2017年10月7日(土)10時30分から17時まで 
会場:
慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階 大会議室
講師:
10:30-12:00
高桑 和巳(導入)
(慶應義塾大学理工学部准教授)

石塚 伸一
(龍谷大学法学部教授)

福田 真希
(リール第2大学連携研究員)

13:00-14:40
江島 泰子
(日本大学法学部教授)

梅田 孝太
(上智大学ほか講師)

増田 一夫
(東京大学大学院総合文化研究科教授)

14:50-16:00
鵜飼 哲
(一橋大学大学院言語社会研究科教授)

郷原 佳以
(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

16:10-17:00
全体討議
参加費:
無料
申込み:
不要
参考:
備考:
コメント:
このイベントについてお問い合わせ
  • TOP
  • Event・Seminar