Event・Seminar



"全体主義"と"民主主義"
クロード・ルフォール『民主主義の発明:全体主義の限界』(勁草書房)
邦訳出版記念シンポジウム

フランスにおける「政治哲学の復興」の立役者クロード・ルフォールの主著『民主主義の発明:全体主義の限界』のはじめての訳書公刊を記念し、その現代的意義を「全体主義」と「民主主義」というルフォールの二つの鍵語とともに考える。

日時:
2017年7月8日(土) 15時00分~18時00分 
会場:
慶應義塾大学日吉キャンパス 第4校舎独立館2階D204教室
講師:
プログラム
開会趣旨 渡名喜庸哲(慶應義塾大学) 15:00-15:10

第1部 訳者による著作紹介
太田悠介(一橋大学)15:10-15:25
平田周(南山大学)15:25-15:40
赤羽悠(東京大学)15:40-15:55

第2部 コメント
山本圭(立命館大学)16:00-16:20
宇城輝人(関西大学)16:20-16:40
佐藤嘉幸(筑波大学)16:40-17:00

第3部 全体討議 17:00-18:00
参加費:
入場無料
申込み:
不要
参考:
備考:

★慶應義塾大学日吉キャンパス 第4校舎独立館2階D204教室
http://www.hc.keio.ac.jp/ja/hiyoshi_campus/guide/index.html
(最寄駅:東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄「日吉」駅西口徒歩3分)
コメント:
主催:慶應義塾大学現代フランス思想研究会
後援:慶應義塾大学教養研究センター

お問い合わせ:渡名喜庸哲(tonaki[at]keio.jp)
このイベントについてお問い合わせ
  • TOP
  • Event・Seminar