Event・Seminar



ミレイユ・ユション氏講演会+荻野アンナ氏対談 
「ラブレーを読もう! ―フランス・ルネサンス文学入門―」

ラブレーは「小説の父」と称され、シェークスピアやセルバンテスと並んで16世紀を代表する作家である。五世紀を経た今なお、創作活動(文芸、音楽、美術、映画)に世界的な影響を及ぼし続けている一方で、日本では広く理解されているとは言い難い。一般読者向けの伝記『ラブレー』(2012年アカデミー・フランセーズ賞受賞)の著者ミレイユ・ユション ソルボンヌ大学名誉教授の初来日を期に、ラブレー作品の読み方とその無尽蔵な活力の源を解説してもらい、荻野アンナ氏との対談を通して、日本におけるフランス・ルネサンス文学の可能性を探る。

日時:
2016年10月25日(火)18:00~20:00 
会場:
日吉キャンパス 来往舎2階 大会議室
講師:
ミレイユ・ユション氏(パリ・ソルボンヌ大学名誉教授、フランス教育功労賞受賞、レジオン・ドヌール勲章受勲)

参加費:
無料
申込み:
不要
対象:
どなたでも
備考:
コメント:
このイベントについてお問い合わせ
  • TOP
  • Event・Seminar