Event・Seminar



SFC研究所ケースメソッド・ラボ 第1回セミナー
主体的な学びを促進するケースメソッド
ーその適用と普及の課題ー

ケースメソッドは、意思決定の場面が記述された教材を分析し、問題を
発見しその解決策を模索する実践的マネジメント教育の方法です。
本セミナーでは、ケースメソッドの概要をお伝えし、幅広い分野で適用
されているケースメソッドの一端をご紹介します。

日時:
2015年8月1日(土)14:00~17:00 
会場:
日吉キャンパス 来往舎 シンポジウムスペース
講師:
【講演】「ケースメソッドの可能性と課題」
    ・國領二郎氏(常任理事、総合政策学部教授、ケースメソッド・ラボ代表)

【パネルディスカッション】「ケースメソッドの多様な適用の実例と可能性」
    ・大出敦氏(法学部教授、教養研究センター副所長)
    ・伴英美子氏(政策・メディア研究科特任講師)
    ・飯盛義徳氏(総合政策学部教授、ケースメソッド・ラボ代表)
定員:
50名
参加費:
無料
申込み:
必要
対象:
新たな学びに興味がある方ならどなたでも(教職員・学生・社会人)
参考:
備考:
主催:SFC研究所ケースメソッド・ラボ
共催:教養研究センター
コメント:
申込み・問い合わせは下記アドレスから
case-lab@sfc.keio.ac.jp
  • TOP
  • Event・Seminar