Event・Seminar

「ミシェル・フーコー使用法 Michel Foucault, mode d'emploi」

ミシェル・フーコー・センター所長フィリップ・アルティエール氏が来日する。 この機会に、日本でのフーコー研究の現在をあわせて紹介し、日仏間で議論を展開させてみよう。

問題となるのは、フーコーの思考への新たなアプローチだ。 単に読むのではなく、より深く理解したうえで使いまわす――この観点から、彼の著作と活動にあらためて光を当てることができるだろう。

私たちは今回、思考が新たな局面を切り開く現場に立ち会うことになる。

日時:
2006年6月20日(火)17:00~19:00 
会場:
慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎 シンポジウムスペース(1F)
講師:
パネリスト:
・ フィリップ・アルティエール 氏
・ 芹沢 一也 氏
・ 原  宏之 氏
・ 廣瀬 純  氏
司会:高桑 和巳 氏
参加費:
無料
申込み:
不要
対象:
どなたでも
備考:
コメント:
  • TOP
  • Event・Seminar