Event・Seminar



2013年度基盤研究 慶應義塾大学のカリキュラム研究企画
シンポジウム『学事日程と日吉キャンパス』

7学部の新入生を受け入れ、複雑なカリキュラムが並行して行われている日吉キャンパスは、
学期制改革が行われた場合に最も大きな影響を受けます。カリキュラムの国際化や、時代に
即した教育体制を着実に促進するために、何が必要であり、何を変えるべきで、何を守るべ
きなのかということを、塾長を交えて話し合います。 

日時:
2013年6月27日(木)18:15~ 
会場:
日吉キャンパス 来往舎 大会議室
講師:
【ディスカッサント】
 清家 篤(慶應義塾長)

【パネリスト】
 金田一 真澄(理工学部教授・日吉主任)
   「学期制をめぐる学内論議について」

 種村 和史(商学部教授・教養研究センター副所長)
   「学期制論議において考慮されるべきポイント ―
               日吉キャンパスの教育という視点から」
 
 佐藤 望(商学部教授・教養研究センター基盤研究座長)
   「教養研究センターにおけるカリキュラム研究と学期制」
定員:
制限なし
参加費:
無料
申込み:
不要
対象:
学内の方ならどなたでも
参考:
備考:
主催:教養研究センター
コメント:
このイベントについてお問い合わせ
  • TOP
  • Event・Seminar